← HOMEに戻る

店舗利用規約
Daydream店舗利用規約

第1条 店舗利用規約
 本規約はティーアールピージー・タイムがDaydreamにおいて提供するサービスを3条所定のユーザー(以下「ユーザー」といいます)が利用するにあたっての一切に適用します。


第2条 本規約の変更
 ティーアールピージー・タイムはユーザーの了承を得ることなく本規約を随時変更することができるものとしユーザーはこれを承諾します。前項変更についてはホームページ上に1ヶ月表示した時点ですべてのユーザーが了承したものとみなします。


第3条 ユーザー
 ユーザーとは、テーブルトークカフェ・Daydreamに来店し、サービスを利用する者をいいます。ユーザーは来店し、サービスを受ける申し込みした時点で、本規約の内容を承諾しているものとみなします。


第4条 所持品の管理責任
 ユーザーは店内に滞在中、自らの所持品を自らの監督責任において管理するものとします。貴重品など、万が一、紛失した場合でもティーアールピージー・タイムはいかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。


第5条 運営における責任
 ユーザーは、店舗内でのゲームプレイ上などの紛争等を自己の責任をもって解決するものとし、ティーアールピージー・タイム又は第三者に迷惑を掛け、或は損害を与えることのないものとします。
 ティーアールピージー・タイムはそのサービスの利用により発生したユーザーの損害全てに対し、いかなる責任をも負わないものとし、一切損害賠償をする義務はないものとします。ユーザーが本章に違反してティーアールピージー・タイムに損害を与えた場合、ティーアールピージー・タイムは当該ユーザーに対して被った損害の賠償を請求できるものとします。


第6条 私的利用の範囲外の利用禁止
 ユーザーは、ティーアールピージー・タイムが承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、ティーアールピージー・タイムを通じ当該第三者の承認を取得することを含みます)を除きサービスを通じて入手したいかなる情報をも複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用をすることができません。
 またユーザーは、前項に反する行為を第三者にさせることはできません。


第7条 営業活動の禁止
 ユーザーは、ティーアールピージー・タイムが承認した場合を除き、サービスを使用して営業活動、営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用をすることができません。


第8条 サービスの内容の不保証
 サービスの内容は、ティーアールピージー・タイムがその時点で提供可能なものとします。ティーアールピージー・タイムは提供する情報、ユーザーがゲームプレイの結果提示する情報、ゲーム内のデータ等について、その完全性、正確性、適用性、有用性等いかなる保証も行いません。


第9条 サービスの一時的な中断
 ティーアールピージー・タイムは以下の何かが起こった場合には、ユーザーに事前に通知することなく、一時的にサービスを中断することがあります。

・火災、停電等によりサービスの提供ができなくなった場合
・地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービスの提供ができなくなった場合
・戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくなった場合
・その他、運営上或いは技術上ティーアールピージー・タイムがサービスの一時的な中断が必要と判断した場合


第10条 自己責任の原則
 ユーザーは、サービス上でなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、責任を負います。
 ユーザーはサービス上で以下の行為をしないものとします。

・公序良俗に反する行為
・犯罪的行為に結びつく行為
・他のユーザー又は第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
・その他、法律に反する行為
・他のユーザー又は第三者を誹謗中傷する行為
・選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為
・サービスの運営を妨げ、又はティーアールピージー・タイムの信頼を毀損するような行為

 ユーザーがサービスの利用の際、第三者に対して損害を与えた場合、ユーザーは自己の責任と費用を持って解決し、ティーアールピージー・タイムに迷惑を掛け、或いは損害を与える事の無いものとします。

 ユーザーがIDの発行等で登録した個人情報内容に不備があった場合、その不備が原因でユーザーに不利益が発生した場合の責任はユーザーにあるものとします。

 ティーアールピージー・タイムはサービスの利用により発生したユーザーの損害全てに対し、いかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。また、サービスの中断に伴いユーザーの負担した一切の費用(交通費、利用料等)についてティーアールピージー・タイムは返済しないものとします。
 ユーザーが本条に違反してティーアールピージー・タイムに損害を与えた場合、ティーアールピージー・タイムは当該ユーザーに対して破った損害の賠償を請求できるものとします。


第11条 サービスの中止
 ティーアールピージー・タイムは1ヶ月の予告期間を以ってユーザーに通知の上、サービスの提供を中止することができます。前項通知はサービスのオンライン上に1ヶ月表示した時点ですべてのユーザーが了承したものとみなします。
 ティーアールピージー・タイムはサービスの提供の中止の際、前項の手続きを経ることで、中止に伴うユーザー又は第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。


第12条 訴訟
 ユーザーとティーアールピージー・タイムの間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所をユーザーとティーアールピージー・タイムの第一審の専属的合意管轄裁判所とします。




← HOMEに戻る