返信状況


カレンダーへ戻る /  スケジュールへ戻る

2018年3月3日(土曜日) ●プレイヤー募集中/【Daydream☆ガールズフェス】永い後日譚のネクロニカ/NCスタッフ心鈴

書いた人:Daydreamスタッフ宮音 /書いた日時:2018年 1月 18日 23時 8分 32秒

 時間: 11時 30分 〜 22時 00分  利用人数:6  募集人数:5

※自己紹介
心鈴ちひろです。この度「永い後日談のネクロニカ」を担当させていただきます。
当シナリオは戦闘パートよりも探索パート中心になっています。
後日談の切なく、儚い世界観を味わっていただければと思います。

※シナリオタイトルと概要
シナリオタイトル:「楽園行き」

プロローグ:
ガタン、と大きな音がして電車が大きく揺れた。
お気に入りのブルーのバスケットが、荷物棚から転がり落ちそうになるのを私は必死に抑える。
一体何があったんだろう。

『世界はひどく混乱している』
とテレビのニュースでやっていた。
本当だろうか?
私たちは、こんなに幸せな日々を学校で送っている。
そう、マールライト女子寮に住まう女子生徒たちはみんな幸福なのだ。

しばらくして、神妙な面持ちの先生がやってきた。
「みなさん、落ち着いて聞いてください。
‥‥女子寮周辺が戦火に巻き込まれました。
現地はとても危険な状態だそうです。」

ざわつく私たちに「聞いて」、と諭すように先生は言う。

「今戻るのはとても危険です。
しかしながら幸い、この列車はマールライト女子学園の私物です。
今から進路変更をして、みなさんを安全なところへ送り届けることにしました。
遠足は中止になってしまい残念ですが、とにかく今はお互い協力して列車での時間を過ごしましょう。」

そう、私たちは遠足の途中だったのだ。
前々からずっと楽しみにしてた夜行列車で向かう遠足。
それが、こんなことになってしまうなんて!

戦争なんて遠い世界の話だと思ってた。
争いとは関係ない場所で、私たちだけは、ずっと幸せに暮らしていけると思っていたのに。

不安そうな目で私を見上げる下級生の手をぎゅっと握る。
その手の冷たさから、勇気を分けてもらうように。

安全な場所へ行くまでの辛抱なのだ。
きっと大丈夫‥私たちはそこへ行くことができる。
平穏な日々を願いながら、私は、祈るように目を閉じた。

※レギュレーション
プレイヤーキャラクターである「ドール」は当日作成していただきます。
持ち込みでも可能ですがシナリオに初期設定がありますので、設定等を弄っても問題ない方のみでお願いいたします。
未経験者の方はあらかじめ用意してある「サンプルドール」もありますのでご活用ください。

※募集人数と未経験PL参加の可否

募集人数:5人
未経験PLさん歓迎です、キャラクター作成からお教えします。
また、ゲームに必要なルールブックや筆記用具、ダイスなどは全て用意してありますので手ぶらでOKです。
細かいルールは説明しますので、ルールを知らなくてもOKです。

返信詳細

名 前
メール
コメント 参加希望します。TRPG未経験です。
参加希望します。システム未経験です。
参加希望します。
自由入力欄に入力:
削除用パスワード